身近な食材豚肉は最強のスーパーフード~家庭では作れない豚肉料理をお取り寄せ~

身近な食材豚肉は最強のスーパーフード~家庭では作れない豚肉料理をお取り寄せ~

豚肉は実にポピュラーな食材です。家庭でもとんかつや焼き肉など手軽に楽しめるメニューも豊富ですので、だれでも週に1度や2度は口にする食材です。しかし、余分な脂分は少し気になるし、取り寄せてまでは食べないという方にこそおすすめしたいメニューをご紹介します。

そもそもなぜ豚肉が最強のスーパーフードなのか?ですが、豚肉には良質なたんぱく質が豊富に含まれており、筋肉の増強や皮膚の再生、髪の毛の形成に大変役立ちます。また、ビタミンB1の含有量は牛や鶏の約10倍とずば抜けて多く、現代人の抱える心身の疲労緩和に大いに貢献するという効能があります。カロリーが気になるところですが、豚肉の脂はオレイン酸やステアリン酸といった抗酸化作用の高い成分が多く、調理法によって余分な脂分をカットすればカロリーの取りすぎにもなりません。ストレスを抱えている現代人にとって強い味方の食材なのです。

なぜか懐かしい味 白金豚のモモ肉西京味噌漬け

豚肉自体はさっぱりとしており、ことにモモ肉は火を入れすぎるとむしろパサパサした食感になるほどです。そのパサパサ感は加熱温度が高すぎることによる、たんぱく質の崩壊が原因ですが、味噌などに漬け込めば、ほど良くコーティングできるのです。家庭で作るには西京味噌を調整するところから始めなくてはいけませんしコストもかかるので、美味しいとわかっていても躊躇してしまいます。

白金豚もも西京味噌漬セット

価格:4,938円
(2018/9/5 15:21時点)
感想(0件)


調理のコツは焦がさないように焼くことです。きれいに味噌を拭きとってから焼くと、淡白な味になり焦げにくいという利点があります。調理温度は低めにすることが重要です。油を薄く引いたフライパンを一度熱してから火を止めて、少し温度を下げてから焼き始め、弱火でじっくりと蒸し焼きのように両面をこんがり焼きます。ご飯にももちろん合いますが、お酒のアテとしても大変美味しく、どこか懐かしさを感じる味わいです。

同じ味噌風味でも、まったく違う味わいの豚肉の味噌煮込み

豚肉は煮込めば煮込むほどトロトロに柔らかくなりますが、煮込み過ぎるバラバラになってしまいますので、煮込み加減がなかなか難しいところです。煮込み料理は、お取り寄せの最大のメリットである「プロの仕事を家庭で味わう」には最適のメニューと言えます。しっかりと肉感が残っているのに固くなく、味噌の味が沁み込んでいてほっこりする美味しさです。

豚肉の味噌煮込み (450g×2本) FF1703

価格:3,672円
(2018/9/5 15:24時点)
感想(0件)


箸で簡単にほぐせる柔らかさはプロの仕事ならでは。低温調理とローストを何度か繰り返すことで、その柔らかさの中に肉の旨味をしみこませることができます。大きな肉の塊の状態で届くので、湯煎で温めて切り分けるのがおすすめです。一度に食べきれないと思ったら、必要な分だけ切り分けて、あとは塊のままパッキングして冷凍します。塊の状態にしておけば、うまみが肉から染み出すことなく保存できますので、再解凍すればまた美味しくいただくことができます。

昔ながらの伝統製法を守る皮付きベーコンをお取り寄せ!

そもそもベーコンは、肉を保存するために発達した調理法ですから、塩を利かせ、うまみを逃がさないように皮を付けたままで作られていました。豚肉の皮には上質なゼラチン質が多く含まれていますが、冷えたままではボサボサとして食べにくいと言えます。しかし、じっくりと火を通した皮目のおいしさと言ったら肉部分に勝るとも劣らないものです。シャクっとした食感とじわっと染み出す旨味こそ、この皮付きベーコンをおすすめする最大のポイントです。

皮付きベーコン 夏ごはん 夏 夏休み ベーコン ブロック 豚肉 豚バラ肉 皮付きバラ コラーゲン スモーク 燻製 乾塩法 スープ ポトフ お取り寄せグルメ お取り寄せ グルメ ご飯のお供 冷凍 おかず ディナー オードブル パーティー お祝い 内祝い お返し

価格:1,080円
(2018/9/5 15:26時点)
感想(877件)

カリカリに焼いて染み出した脂も一緒にいただくのが正当な調理法。ホテルの朝食のようなカリカリベーコンは憧れですね。でも、この皮付きベーコンは煮込んでも美味しいのです。皮つきだからバラバラになることなく、じっくりと煮込むことができますので、旨味をすべて引き出すことができます。おすすめの調理法は大きめの野菜と一緒に煮込んで、塩とコショウだけで味を調えたポトフです。

沖縄の伝統料理 絶品ラフテーを食卓に!

沖縄旅行の経験がある方なら一度は食べたことがあるラフテーですが、実は観光客相手のものと、家庭料理としてのラフテーは味が少し違うことをご存知でしょうか。観光客向けの味付けは、豚肉特有の臭いを消すためにいろいろな調味料を使っており、少し薄味に仕上げてあります。本場のラフテーは泡盛だけで臭いを消して、じっくりコトコト煮込むことでコッテリと味付けされます。しかし、なぜか後味はさっぱりしていて、また食べたくなる不思議な魅力があります。

沖縄産豚使用 豚角煮 山将ラフテー300g 2~3人前 角煮 煮豚 豚肉 沖縄

価格:3,580円
(2018/9/5 15:29時点)
感想(297件)

沖縄の味を忠実に再現した本格派ラフテー。質な脂身がたっぷりのったラフテーは家庭ではなかなか出せない味をしています。その秘密は皮付きの大きな肉を、低温でじっくりと泡盛を使って煮ることと、沖縄の黒糖をたっぷり使うことです。皮付きの豚肉はなかなか販売されていませんし、泡盛も沖縄黒糖も安くはありません。すべて手作りという食卓にも魅力がありますが、その道のプロの味を手軽に取り寄せて楽しむ食卓もなかなか魅力に富んでいると言えます。

ライフカテゴリの最新記事