夏祭

1/2ページ

朝も夏の夜もサービス満点な名古屋の夏祭り

名古屋の朝は喫茶店で始まります。コーヒーを頼むと、もれなくモーニングサービスが付きます。小倉(あん)トーストは定番ですね。そのルーツは一宮市の喫茶店が会議室代わりに利用したビジネスマンにサービスしたゆで卵とナッツです。以来、進化が止まりません。名古屋では喫茶店をサービスで選びます。もちろん、夏祭りもサービスで選びます。だから、でら(とても)楽しいですよ。 ■「あっ」と驚く花火のナイトサービス 名古 […]

「目を見張る」ほど素敵な和歌山県の夏祭り

和歌山県(熊野地方)の郷土料理に「めはり寿司」があります。高菜の葉でおにぎりを包む料理です。食べると、「目を見張る」ほどおいしいです。新宮市や熊野市で本場の味を賞味できます。「めはり寿司」は夏祭りに似合います。もちろん、和歌山県の夏祭りは、「目を見張る」ほど素敵です。 ■和歌浦湾と和歌山港に花火2つ 和歌山県の花火は素敵です。毎年7月中旬~8月下旬(日曜日)に和歌山マリーナシティで開催される「スタ […]

日帰りでは満喫できない奈良県の夏祭り

奈良県は「通過県」とか、「日帰り県」とか、言われます。ほんまにそうでしょうか。東大寺や法隆寺など国宝級の建造物は、京都を抑えて全国1位です。ホテルも1909年創業の「奈良ホテル」や一日3組限定の「月日亭」などプレミアムなホテルが揃っています。おまけに、夏祭りは「七夕祭」「大文字送り火」などぎょーさんあります。あんじょう(上手に)回っても1日では足りません。 ■春は桜、夏は花火の宇陀川 奈良県中東部 […]

「お伊勢さん」にプラスしたい三重県の夏祭り

伊勢は奈良に祀られた天照大神(あまてらすおおみかみ)が御杖代(みつえしろ:巫女)を全国に遣わせ、ようやく決めたお引越し先です。ご祭神が「この地にいようと思う」とお告げになるほど、伊勢は素晴らしい土地ということでしょう。ご祭神も約1万発の花火を奉納する花火大会を楽しみにしているはずです。でも、三重県の夏祭りは七重八重です。ご覧になると、「この地に遷(うつ)ろうと思う」とお告げになるかもしれません。 […]

「肉女」を「祭女」に変える滋賀県の夏祭り

滋賀県と言えば、琵琶湖ですね。湖東エリアの湖岸沿いにはオシャレなカフェや人気のスイーツ、ブーランジェリー(パン屋)など気になるお店がいっぱい。でも、お肉料理をこよなく愛する「肉女」の私にとって、滋賀県と言えば近江牛なのです。もちろん、お目当ては近江牛の専門店でしたが、そんな私でさえ「彦根大花火大会」に魅せられました。それ以来、私は「祭女」です。 ■ディナーの後は花火のデザート 近江牛ディナーの後に […]

オシャレな神戸を魅せる兵庫県の夏祭り

兵庫県と言えば、港町神戸でしょうか。確かに、旧居留地(神戸市中央区)はレトロな洋館が立ち並び、ハイソなブランド店やおしゃれなカフェが迎えてくれます。ですが、それは兵庫県の一部に過ぎません。兵庫県は南北に長く、瀬戸内海と日本海に面しています。地域によって、文化が異なり、夏祭りも多彩です。全てはムリなので、私がばり(とても)好きな夏祭りをご紹介します。 ■えびす様とエビスビールがコラボ ここは神戸では […]

「おこしやす」と迎える京都府の夏祭り

京言葉は、「はんなり」しています。「華なり」と書き、落ち着きと華やかさを持つさまを意味します。京言葉に、「おいでやす」と「おこしやす」がありますが、その違いは距離感です。確かに、京都の夏祭りは、一見さんの観光客には味わい尽くせないほど奥深いものがあります。「おこし(お越し)やす」にはそんな意味合いが込められているのです。「おいで(お出で)やす」と言われるご贔屓さんは夏祭りの美味しいところを味わいま […]

お金を惜しみなく使う大阪府の夏祭り

「お金は喜んで使わなあかん」--。串カツ屋のご主人に教わりました。例えば、ソースの「二度漬け禁止」です。なぜ小皿を用意しないのでしょうか。ソースが無駄になるからです。その代わりにざく切りのキャベツでソースをすくいます。ケチとは、お金を無駄なく惜しみなく使うことです。大阪の夏祭りは華やかさ、晴れやかさを競うので、花代(ご祝儀)を惜しみません。「シブチン」ではありません。 ■寄付金オンリーで賄う「淀川 […]

「やっぱ好きなんよ」、大阪府の夏祭り

私、生まれも育ちも大阪です。ですが、毎日、「たこ焼き」を食べているわけではなく、毎日、「ヒョウ柄」のファッションで攻めているわけでもありません。普通の31歳独身女性です。ほんま、大阪にはええ男がちっともおりません。けど、大阪にはええ夏祭りがようさんあります。 ■歴史ある浪速のミスコン「愛染まつり」 大阪の夏は、「三大祭」で始まります。「愛染まつり」「天神祭」「住吉祭」です。愛染さんで始まり、住吉さ […]

夏祭りの「盛沢山」を満喫できる山梨県

私の勤め先は本社が東京にあるので、よく新幹線を利用します。その都度、絶景の富士山に強い憧れを抱きます。その憧れを満たすため、富士河口湖温泉で人気のホテルを予約しました。やはり、富士山と河口湖のコラボは絵になります。ですが、山梨は「富士山」だけではありません。夏祭りが「盛沢山」です。 ■甲府で華やぐ「七夕」を味わう 甲府は新宿から特急で約90分です。タブレットで仕事をしていると、すぐ着きます。甲府で […]