新婚旅行

龍馬とおりょうが浸かった鹿児島県の温泉

慶応2年1月23日、寺田屋事件が起きます。手傷を負った坂本龍馬は西郷吉之助や小松帯刀の勧めで、妻・おりょうと霧島の硫黄谷温泉を訪ねます。もちろん、湯治のためですが、これが「新婚旅行の夜明けぜよ」。西郷どんも温泉好きで、釣りをした後、「美人の湯」で知られる日当山温泉(霧島市隼人町)に浸かりました。鹿児島県の温泉はほんのこて(本当に)よかと。 ■市街地で錦江湾を眺める湯 鹿児島市内にも温泉が沸き出して […]