温泉

1/5ページ

ツーリズムよりリゾートが似合う沖縄県の温泉

青い海、白い砂--。沖縄には「ツーリズム(観光)」より「リゾート(保養)」がお似合いです。「お風呂」より「シャワー」がお似合いです。そうなんです。沖縄のお風呂には浴槽がありません。というわけで、沖縄には温泉のイメージが限りなくゼロに近い状態です。ですが、温泉もありますよ。そのほとんどはリゾートホテルが所有する施設です。温泉プールもありますよ。沖縄県の温泉に、「めんそーれ(いらっしゃいませ)」。 ■ […]

龍馬とおりょうが浸かった鹿児島県の温泉

慶応2年1月23日、寺田屋事件が起きます。手傷を負った坂本龍馬は西郷吉之助や小松帯刀の勧めで、妻・おりょうと霧島の硫黄谷温泉を訪ねます。もちろん、湯治のためですが、これが「新婚旅行の夜明けぜよ」。西郷どんも温泉好きで、釣りをした後、「美人の湯」で知られる日当山温泉(霧島市隼人町)に浸かりました。鹿児島県の温泉はほんのこて(本当に)よかと。 ■市街地で錦江湾を眺める湯 鹿児島市内にも温泉が沸き出して […]

今も昔も南国ムード全開な宮崎県の温泉

ハネムーンはどこがいい(よかった)ですか。今はハワイ、バリ島、モルディブが人気ですね。昔は宮崎が人気でした。その名残がJR宮崎駅の発車メロディー「フェニックスハネムーン」です。昭和40年代に約4割の新婚カップルがこの地を訪れました。今は青い海やヤシの木(フェニックス)に憧れを抱く人より、温泉に憧れを抱く人が少なくありません。宮崎県の温泉は南国ムード全開ですよ。 ■繁華街に近いリゾートな湯 宮崎市の […]

「おんせん県」に味力をプラス、大分県の温泉

大分県は自他ともに認める「おんせん県」です。「別府温泉」や「湯布院温泉」は知る人ぞ知るですよね。2018年5月末には世界初「世界温泉地サミット」を開きました。温泉大国のアイスランドやタイなど16カ国の観光事業者が温泉の利活用策を話し合ったとか。けれど、大分は湯力と味力にあふれています。温泉に浸かって、関サバやとり天を食せば、それで満足ですよね。 ■おニューな温泉リゾートの湯 別府温泉と言っても、八 […]

ゆるキャラも湯ったりする熊本県の温泉〈美人の湯〉

熊本城の修復には20年かかります。その間、くまモンが県の観光PRをがんばるのでしょう。くまモンの好物は、熊本産の果物と温泉です。もちろん、熊本の温泉には浸かりますよ。熊本の温泉は「美人の湯」ですから、くまモンは女性にもっとピーアールするべきですね。それでは熊本にあるおすすめの温泉をご紹介します。 ■天草に浮かぶ「5足のくつ」の湯 天草は大小120の島々からなるエリアです。熊本とは天草五橋で結ばれて […]

雲仙の後光が「ハロー」と招く長崎県の温泉

「ハロー効果」とはある一面の評価に後光を感じ、全体の評価に影響をもたらす心理的効果を指します。長崎と言えば、「九州の軽井沢」と言われる雲仙温泉ですよね。昔、「温泉」と書いて、「うんぜん」と読まれたので、温泉の代名詞です。その後光が強すぎて他の温泉が見えにくいかもしれません。ですが、評価的には雲仙と他の温泉に差がない「ハロー&ハロー」です。 ■蒸し卵のようなツルツル美肌の湯 JR長崎駅から特急バスで […]

探さなくてもすぐ見つかる佐賀県の温泉

佐賀県と言えば、お笑い芸人のはなわ(塙)さんでしょうか。県のキャッチコピーは「佐賀を探そう」ですし、はなわさんも「これが悲しい性(佐賀)」とネタにしています。実は、県もはなわさんも「選択のパラドックス」を利用しています。人は選択肢が多いほど一つに決められません。その選択肢から外すことで、佐賀を選んでもらう作戦なのです。もちろん、佐賀県の温泉は探さなくてもすぐ見つかりますよ。 ■嬉野でうれしくなる洋 […]

プチプラな「美人の湯」に浸かる福岡県の温泉

一泊二日の温泉旅行って、結構お高いですよね。でも、安ければいいという時代ではありません。日頃は温泉入浴剤でバーチャルな温泉気分に浸れますが、リアルな温泉旅行ではコスパの高い天然温泉に浸かりたいですよね。福岡県にプチプラ(プチプライス)な「美人の湯」はないでしょうか。ありますよ。ただ、色浴衣や限定特典はありません。それでよければ、今、話題の日帰り温泉をご案内します。 ■満天の星に囲まれる湯 八女市は […]

「博多美人」に磨きをかける福岡県の温泉

九州の温泉と言えば、雲仙(長崎県)、湯布院(大分県)、指宿(鹿児島県)が思いつきますね。それでは福岡県の温泉は・・・。思いつきますか。博多には美人が多いと言われます。確かに、お肌がキレイです。その秘密はもつ鍋や鶏の水炊きなどコラーゲン豊富な「食」と近場で湯(ゆ)ったりできる「温泉」にあります。福岡の温泉は、博多美人の素なのです。 ■一湯ニ美な「美肌+美肌」の湯 福岡県と大分県の県境、朝倉市の筑後川 […]

美肌の夜明け前ぜよ」、高知県の温泉

幼くして母を亡くした龍馬は姉・乙女に剣術と学問を教わります。そして、14歳から鏡川沿いの日根野道場で心身を磨きます。美肌を磨くなら、道場より温泉ですよね。龍馬が生まれ育った高知市を起点に温泉巡りをしませんか。高知県には「龍馬の湯」がたくさんあります。日本の夜明け前に浸かったかもしれません。一巡すれば、それはもう「美肌の夜明けぜよ」。 ■一人旅でもOKな和風温泉旅館 史実によると、子供の頃、龍馬は鏡 […]

1 5