埼玉県にはユニークな夏祭りが幾つもあって楽しい!

埼玉県内ではマンションや住宅地の建設が続けられていることから、「東京で働く人たちのベッドタウン」というイメージが定着しつつあります。その一方で、日本最大級の史跡や伝統工芸など、古き良き日本の伝統を残している土地柄でも知られています。夏祭りや七夕まつりに関しては地域色を備えた大変ユニークなものが多く見られる地域です。では、埼玉で夏季に開催されるお祭りの中からおすすめの3つをご紹介しましょう。

■およそ20万人が集う「わらび機まつり」
8月最初の週末となる、金曜日から日曜日にかけて開催されるのが「わらび機まつり」です。埼玉県蕨市は江戸時代から続く機織りの町として知られており、その産業をアピールするための機会として、昭和30年からこの夏祭りが開催されるようになりました。主なイベントが開催されるのは蕨駅エリアおよび桜橋通り周辺となっています。会場へ行くの手段としては電車が便利です。JR東北本線「蕨駅」の改札を出て1分で会場に到着します。お祭りが開催される週末には駅の構内に詳しい案内板が準備されるので、土地勘のないわたしでも迷子になることはありませんでした。車で行く場合には、国道17号線を北上して蕨市役所前交差点で右折すれば、そこから5分ほどで到着します。ただし、このお祭りでは例年20万人ほどの人出が見込まれており、道路はかなり混雑するということを覚えておきましょう。

わらび機まつりのメインとなる「機織り式典」は、最終日の午前9時から「機神社」にて実施されます。とはいえ、その他にもお祭りの期間中には毎日さまざまなイベントが各所で準備されています。中でも特にチェックしていただきたいのは「七夕飾りコンクール」と「スターライト・ステージ」の2つです。「七夕飾りコンクール」では、子どもたちが描いた可愛らしい作品から、プロの画家が描いた美しい日本画まで、バリエーションに富んだ作品を楽しむことができます。また、駅前の特設会場で行われる「スターライト・ステージ」では、七夕に合わせた歌や音楽の演奏をゆっくりと聴くことができるので、家族連れの人におすすめです。

■豪華な山車が市街を駆け回る「熊谷うちわ祭り」
五穀豊穣を祈願して毎年7月中ごろに開催されるのが「熊谷うちわ祭り」です。熊谷市の愛宕八坂神社が中心となって開催されるこの夏祭りには、3日間でおよそ75万人という膨大な人数が訪れることから、「関東一の祇園祭」と評されています。もともとは祭りの際に地域住民へ赤飯を配ることが行われていました。やがて赤飯の代わりにうちわが配られるようになり、そこから「うちわ祭り」という名前になったとされています。八坂神社へのアクセスは、電車であればJR熊谷駅から徒歩10分ほどです。自動車で来る場合には、国道17号線で「イオン熊谷店」のある交差点を新熊谷駅方面へ曲がるとすぐに到着します。ただし、最終日は国道17号線から交通規制が掛けられてしまうため、非常に混雑するということを覚えておきましょう。

熊谷うちわ祭りの見せ場は、毎日異なった仕方で行われる「たたき合い」です。1日目はすべての山車が熊谷駅前の広場に集合して、お囃子に合わせた「初たたき合い」を行ないます。2日目は鎌倉町の交差点で行われる「扇形たたき合い」、そして最終日はお祭り広場で「曳っ合せ叩き合い」が行われます。太鼓が力強く打ち鳴らされる中で12台の美しくライトアップされた巨大な山車が集合する様子は圧倒的であり、わたし個人としては間違いなく「一見の価値があるイベント」として強くおすすめいたします。また、広場の周りにはたくさんの屋台があるので、「美味しい物を食べながらたたき合いを見守る」というのも楽しいでしょう。

■「さいたま新都心夏祭り」は子どもたちが楽しむことができるイベントが盛りだくさん
「さいたま新都心夏祭り」は、お盆の時期にさいたまスーパーアリーナで開催される子ども向けの夏祭りです。職業体験や工作など、夏休みの宿題にもってこいのテーマを集めたブースもあれば、射的などの縁日で見かける遊びをまとめたブースおよび参加型イベントもあり、子どもたちを飽きさせないための工夫が随所に見られています。もちろんフードコートも充実しているので、「お祭りの特別感」はしっかりと感じることができるはずです。このほかに、お笑いタレントによるステージなども開催されるので、大人も十分に楽しむことができるでしょう。

さいたまスーパーアリーナへは、電車であればJR東北本線の「さいたま新都心駅」から徒歩5分以内で到着できます。駅の構内にはスーパーアリーナへの道順が丁寧に説明されているので、初めて来る人でも安心です。車で訪れる人は、美女木JCから新都心方面へ向かい、新都心ICで降りれば目の前に会場があります。開催期間中はおよそ15,000人が来場するものの、駐車場スペースは敷地内に十分確保されているので、車で来ても大丈夫です。


イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事