神奈川の夏祭りはバリエーションが豊富で楽しい!

神奈川の夏祭りはバリエーションが豊富で楽しい!

神奈川県は「近代的な都市部」と「レジャー施設の多い沿岸部」、「パワースポットの多い山間部」というように、魅力的な異なる特徴を持った地域が混在している大変興味深い県です。県内で開催されている夏祭りにもこの「バリエーションの多さ」が反映されています。では、神奈川県で催される夏祭りの中で、特にわたしの印象に残ったものを3つご紹介いたします。

■圧倒的なパワーを感じさせる「湘南ひらつか七夕まつり」
「湘南ひらつか七夕まつり」は、およそ170万人が湘南エリアに集う関東最大の夏祭りです。開催されるのは7月6日から8日までの3日間で、主なイベントの開催場所となるのはJR東海道線の「平塚駅」周辺です。イベントの数は非常に多いため、北口エリア・南口エリアのどちらで開催されるのかを事前に確認しておきましょう。わたしもこの確認を怠ったためにライブステージの1部を見逃してしまった、という苦い経験があります。会場へは電車で来ることをおすすめします。というのも、交通規制のためにお祭りの期間中はほとんど平塚駅周辺で駐車スペースを確保することができないからです。遠くから車で来るという場合は、隣駅の「茅ヶ崎」もしくは「大磯」周辺で駐車して、電車で平塚へ来るというのが賢明でしょう。

湘南ひらつか七夕まつりでは、毎日10以上の七夕にまつわるイベントが計画されています。その中でもおすすめは、2日目に催される「織り姫と音楽隊パレード」です。地元の大学生有志やプロのマーチングバンドによる見事な演奏の中で華やかなパレードが行われていきます。有名人の出演があるというのも魅力です。もう1つのおすすめイベントは「星舞フェスタ」です。七夕ステージで開催されるこのイベントでは、よさこい踊りやフラダンスなど、バラティーに富んだ踊りを見て楽しむことができます。プロの見事なダンスを観賞した後にはみんなで踊るコーナーもあるので、「夏祭りの会場で思い切りダンスをして盛り上がりたい」という人にはぜひおすすめです。

■古都・鎌倉の風物詩である「ぼんぼり祭り」
鎌倉の落ち着いた街並みの中で開催されるのが「ぼんぼり祭り」です。鎌倉の有名な観光名所である「鶴岡八幡宮」がこのお祭りのメイン会場となります。およそ400種類の美しい絵画が描かれたぼんぼりが鎌倉の町を飾ります。ぼんぼり祭りが開催されるのは「立秋」の前日からと定められています。期間中には夏季のみそぎを行なう「夏越祭」、秋の始まりを祝う「立秋祭」および鎌倉幕府3代将軍である源実朝公の誕生日を祝う「実朝祭」が開催され、それぞれに対応するイベントが実施されます。イベント会場である鶴岡八幡宮へは、電車であればJR鎌倉駅から歩いて15分ほどで到着します。車で訪れる場合は、国道134号もしくは県道31号から県道21号を目指していくと分かりやすいでしょう。

ぼんぼり祭りの目玉となるのは「夜の灯」です。午後6時を過ぎると、鶴岡八幡宮の巫女によってぼんぼりに1つずつ明かりがともされていきます。本宮や舞殿、参道にもぼんぼりがともされ、エリア全体をノスタルジックな雰囲気が包み込みます。初めてこの場所を訪れる人によっては、忘れがたい印象を与える光景となるはずです。ぼんぼり1つ1つには著名な画家や漫画家などの作品が描きこまれています。それらを1つ1つチェックしていく、というのもなかなか楽しい時間となるでしょう。ぼんぼりには「精霊の道を照らし出す」という意味合いがあるため、露店などは通りにまったくありません。ぼんぼり祭りはとても趣があって、素敵な時間を過ごすことができるものの、屋台が1つもないというのは個人的に少し残念な点でした。

■江の島の新たな魅力を発見できる「江の島灯篭」
神奈川県随一の観光地として知られる江ノ島で開催される夏祭りが「江の島灯篭」です。8月中は江の島の入り口から江の島神社に至るまで、各所におよそ1,000個の灯篭が灯されて幻想的な雰囲気を作り上げていきます。江の島への主なアクセス方法は、江ノ島電鉄を利用して江ノ島駅から徒歩というもので、所要時間は25分ほどです。

この夏祭りの主な会場となるのは「江の島サムエル・コッキング苑」です。灯篭にはそれぞれ異なるデザインが施されており、中には江の島に伝わる「天女と五頭龍」の伝説をモチーフとしたデザインの灯篭もあります。これらの芸術的な作品を見ているだけでも楽しくなるはずです。涼やかな風鈴の音を聞きながら、夕暮れ時に島を散策するのはとても楽しい経験です。江の島灯篭が開催されている期間中に浴衣でイベント会場を訪れると、特別なキャンペーンとしてオリジナルの手ぬぐいが無料で贈呈されます。また、月末に江の島シーキャンドルイベントステージで行われる「影絵の夜」では、さまざまな作品を通して影絵の楽しさを教えてくれます。子どもだけでなく大人も楽しむことができるおすすめのイベントです。


イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事