仕掛け花火ナイアガラ発祥の前橋花火大会の穴場スポット

仕掛け花火ナイアガラ発祥の前橋花火大会の穴場スポット

群馬県には全国の花火大会のなかでも、とても特色のある花火大会が開催されています。日本の花火大会の発祥は隅田川の花火大会ですが、最近よく見られる仕掛け花火の「空中ナイアガラ」が初めて打ち上げられたのは、なんと群馬県で毎年開催されている前橋花火大会なんです。全長400メートルもの虹のナイアガラはカラフルに色が変化する大迫力の花火ですので、一度はぜひ見ておきたいです。そんな歴史のある前橋花火大会について、見どころや穴場的な鑑賞スポットを紹介します。

前橋花火大会の日程やアクセス
前橋花火大会は毎年8月の第2土曜に開催されています。戦後に復興の意味を込めてスタートした花火大会で、2018年で62回目を数えます。場所は利根川の河川敷と大渡橋周辺緑地です。打ち上げは19時20分からですが、19時から開会式があります。河川敷に沿って広い範囲から花火が見えるイベントですが、ベストポジションで見るには19時に合わせて行ったら遅いです。お昼過ぎには到着しておいた方が、車で行く場合も便利ですし、あわてずにいい場所を確保できるでしょう。車で行く場合は、関越道前橋ICで下りて国道17号経由でだいたい20分です。無料駐車場が6200台分も用意されていて、さらに有料駐車場も1100台用意されているので、駐車スペースはたっぷりなのですが、それでも花火大会が始まるころには満車になってしまいます。16時から交通規制も始まるので、車で行くにしてもお昼過ぎぐらいには到着できるようにした方がいいでしょう。帰りのことを考えると、個人的にはもう少し遠くの駐車場に停めておき、そこから会場まで歩いて向かう方がいいと思います。無料駐車場に停めることができても、花火大会が終わってしばらくは交通規制がまだかかっているので動けませんし、動き始めてからも帰りの車で混み合うことは確実です。また、電車で行くなら、JR前橋駅からの臨時バスに乗るか、渋川駅行のバスに乗ってください。最寄りの停留場から歩いて5~10分ほどです。

有料席は激戦必至
冒頭でも触れたこの花火大会の目玉でもあるナイアガラは、近くで見た方が絶対にいいです。仕掛け花火なので花火から離れるほど見えにくくなってしまいます。近くで見るほどそのすごさがわかる花火ですから、ナイアガラを堪能したいならぜひ有料席を確保することをおすすめします。有料席にはいくつか種類がありますが、友達と何人かで行くのなら5名定員のガーデンテーブルがおすすめです。料金は2万円と高めですが、駐車場が1台分付いている値段ですので、5人で割ればお得だと思います。また、3名用のイス席もあって、こちらは駐車場は付いていませんが3千円とリーズナブルです。当日券も販売されますが、販売された瞬間に売り切れてしまうことは確実です。せっかく並んでも売り切れだったということもありますので、それなら最初から穴場スポット狙いで行くのもいいかもしれません。そこで、以下に花火が比較的見やすい穴場スポットをいくつか紹介します。

前橋花火大会の穴場鑑賞スポット
一つ目は、穴場というほどではありませんが、群馬県庁の展望台です。ここの展望台は海抜127メートルの高さがあるので、前橋の町並と花火を一度に楽しめるスポットとして人気があります。穴場とは言いにくいのは、人気があるので入場開始の17時に行ってももう人でいっぱいだからです。いい席で見るには1時間前ぐらいから並んだ方がいいでしょう。続いて、商業施設「前橋リリカ」を紹介します。ここは花火大会の日は屋上の駐車場を無料開放してくれるのがおすすめポイントです。店内にはトイレもありますし、食べ物や飲み物も買えるので快適に過ごせます。屋上からはきれいに花火が見えるので、最初からここを目指すのもありでしょう。打ち上げ会場の近くなら、今は「正田醤油スタジアム群馬」という名前の敷島公園陸上競技場がおすすめです。陸上競技場ですので広い空間で迫力ある花火が楽しめます。ただ、周りには緑がたくさんあるので、夏の夜は虫刺されの対策が必須でしょう。もっと人混みを避けたいなら、会場からちょっと離れた新坂東橋がおすすめです。打ち上げ会場まで距離はありますが、視界を遮る物が間にないので、手の平サイズではありますが花火がきれいに見えます。道の駅よしおか温泉の近くなので、足湯や買い物などを楽しんでから花火を見るというのもいいでしょう。ただし、道の駅よしおか温泉に行くには、国道17号から側道を降りて交差点を3回曲がるというアクセスなので、初めての方にはちょっとわかりにくいかもしれません。事前にネットの地図などで道順をよく確認しておきましょう。あと、目玉の虹のナイアガラが見えないので積極的におすすめしたい場所ではありませんが、グリーンドーム前橋には仮設トイレもあって快適に過ごしたい方にはありだと思います。


イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事