奈良県の花火大会と周辺情報

奈良県の花火大会と周辺情報

1:吉野川祭り納涼花火大会
奈良県内の花火大会で特に人気なのが吉野川祭り納涼花火大会です。吉野川祭り納涼花火大会では花火と音楽、そしてレーザー光線を融合させた、芸術的なショーを体感する事ができます。2018年の吉野川祭り納涼花火大会の開催日は8月15日で、時間は少し遅めの20時からになります。花火を打ち上げる場所は吉野川の大川橋上流にある河川敷です。打ち上げられる花火の数は4000発と、花火大会の規模としては特に多いわけではありません。しかし、それにも関わらず毎年7万人ほどの方が訪れる人気の花火大会となっている理由は、吉野川祭り納涼花火大会は花火をただ打ち上げるだけではなく音楽であったり、レーザー光線を使って花火大会全体をショーとして成立させているからです。普通の花火大会ばかり見ていて吉野川祭り納涼花火大会に行くと、まるで別物を見せられているかのように引き込まれる感覚があり、昨年感動したのを覚えています。

また、花火大会には定番となっている露店も吉野川祭り納涼花火大会にはありますので、夏祭り感覚を楽しむことももちろん可能です。まだ吉野川祭り納涼花火大会へ行ったことがない方におすすめしたいのは、早めに会場へ行って露店で飲み物や食べ物を購入して花火を鑑賞する事です。一度で夏祭りと幻想的な花火大会を一気に味わう事ができます。吉野川祭り納涼花火大会では去年も100店舗ほどの露店がでていたので、露店だけでもかなりお祭りムードで今年もにぎわうと思います。ちなみに去年と同じなら、露店は大川橋周辺に出店となります。

吉野川祭り納涼花火大会へ行く際の交通アクセスですが、500台分くらいの無料駐車場はありますが、7万人おとずれる花火大会なので、すぐに満車になることが予想されます。車でどうしても行くのであれば、かなり余裕をもって早い時間に行った方がよいでしょう。花火大会は20時からですが、その前から露店がでていてそちらを目的に会場を訪れる方もかなりいると思います。また、18時を過ぎると花火大会会場周辺は交通規制が始まって通行止めになるところが増えます。そうなる前に周辺に到着していないと夕方以降は人も車もかなり多くなっているので、ちょっとの移動だけでもかなり時間がかかってしまいます。もし車を使わずに公共交通機関を使っていくのであれば、五条駅が最寄になります。五条駅からは徒歩10分くらいで会場に到着できるので問題ありませんが、他に近い駅がないので吉野川祭り納涼花火大会に来る方は五条駅に殺到しますので、こちらも車と同様に早めに来ておいた方がよさそうです。

2:おんぱら祭奉納花火大会
おんぱら祭奉納花火大会は無病息災を祈る為の神事から名づけられたお祭りです。花火大会以外にも様々な神事が行われ、最後を飾るのが花火大会になります。会場となるのは奈良県桜井市の綱越神社です。おんぱら祭奉納花火大会の花火の数は2000発ほどになっていて、毎年3万人前後の方が来場します。花火の数も来場者数も他の花火大会と比較するとそれほど大きいものではないので、あまり混雑しすぎる花火大会は苦手だけど花火はみたい、というような方にはおすすめの穴場花火大会です。この地域は中心部から離れていることもあり、大きな建物も少ないので大体どの角度でも綺麗に花火を楽しめます。

花火の数や来場者数はそこそこではありますが、しっかり花火大会当日は露店も出店されますので、お祭りと花火大会を同時に楽しむことができます。会場までのアクセスですが、周辺に花火大会用に確保されている駐車場などはありません。できるだけ公共交通機関を利用していくのがおすすめですが、どうしても車でという方は、早めに会場周辺の駐車場を探しておいた方がよいでしょう。公共交通機関を使ってくる場合は、最寄駅が桜井線の三輪駅で、10分くらいで会場までくることができます。駅からはそう遠くないですし、当日の会場周辺は交通規制もかかるので、できるだけJRで来た方がいいでしょう。

おんぱら祭奉納花火大会の観覧場所ですが、だいたい多くの方は芝運動公園グランドに集まります。露店もこのあたりに出るので、花火を見たりお店で買い物をしたり、飲み食いするにはちょうどよい場所になります。露店は去年も100店舗ほどあったと思いますので、今年もそれくらいの規模で開催されるはずです。おんぱら祭奉納花火大会では観覧用の有料席などはありませんので、自由に好きな場所で観覧できますが、見やすいスポットは早めに埋まってしまう事が多いので、気持ち早めに行って場所を確保した方がよいでしょう。最近は大規模で音楽や様々な演出に凝った派手な花火大会が開催されることが多いですが、おんぱら祭奉納花火大会は昔ながらの花火大会といった雰囲気があります。出店と花火という夏の風物詩を、ちょっと都心から離れた田舎風景と共に楽しめる花火大会も、たまには風情があっておすすめですよ。

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事