名古屋周辺の花火大会情報

名古屋周辺の花火大会情報

1:海の日名古屋みなと祭花火大会
海の日名古屋みなと祭花火大会は7月16日に開催される名古屋の花火大会です。名古屋市内で開催される花火大会の中では一番人気ともいえるこのイベントは、ハイクオリティな花火が見られるという事で人気があります。2018年で72回目となりますので、名古屋周辺にお住まいの方なら一度は行った事があるという方も多いかもしれませんが、個人的には毎年見ておきたい花火大会の一つです。開催日時は名前の通り海の日となる7月16日に19時30分から開催されます。花火の打ち上げ場所は名古屋港ガーデンふ頭で、打ち上げる花火の数はおよそ3000発になります。1万発以上を打ち上げる花火大会が多くなってきている中、3000発だとちょっとボリュームに欠けると思いますが、しかし海の日名古屋みなと祭花火大会には昨年36万人もの人が足を運んでいます。それだけ人気がある花火大会だという事が分かりますね。

海の日名古屋みなと祭花火大会へのアクセスは地下鉄名古屋港駅か築地口駅、稲永駅あたりがちょどよいでしょう。花火大会会場周辺には駐車場がありますので、車で行くのはちょっと厳しいと考えた方がよいと思います。実は昨年車で向かって大失敗だったんです。会場周辺はもちろん路上駐車禁止ですし、山車が通る関係もあって、交通規制がかかる区域も出てきます。

実は海の日名古屋みなと祭花火大会は、花火以外にもステージや音楽イベントなど、いろいろな催し物が開催されています。そういったものも含めて名古屋の夏の大イベントなので来場者数が多くなっているのです。花火大会はそのイベントの締めくくりとなるもので、72回も行われ続けている歴史ある花火大会ですが、そういった伝統的なところを残しつつ、でも打ち上げる際には音楽との融合を図ったりと最新の技術も持ち込まれていて、いろいろな楽しみ方ができる花火大会になっています。

また、花火大会当日に名古屋港駅と築地口駅のあたりには毎年露店が出ます。お祭りの山車やイベントもだいたいこの周辺で行われることから、花火大会当日はかなりの混雑が駅周辺に集中すると思います。でもそれがお祭りのだいご味ですので、夏祭りと花火大会を一日で満喫する事ができます。そのまま花火大会に突入してもいいのですが、混雑しすぎているのが苦手な方や落ち着いて花火を見たいという方は、名古屋港駅や築地口駅周辺からは離れて港陽公園や本宮公園の方へ移動してみるとよいかもしれません。あと、イオンモール名古屋みなとは、昨年は屋上の駐車場を花火の観賞用として開放していましたので、もしかしたら今年も解放されるかもしれません。

2:岡崎城下家康公夏まつり花火大会
岡崎城下家康公夏まつり花火大会も、海の日名古屋みなと祭花火大会と同様に、今年で70回目を数える歴史ある名古屋の花火大会の一つです。また、愛知県岡崎市は三河花火の発祥の地とも言われており、昔からの伝統ある花火を楽しむことができます。岡崎城下家康公夏まつり花火大会が開催されるのは8月4日の土曜日で、18時50分からのスタートになります。会場までのアクセスは最寄に名鉄岡崎公園前駅や東岡崎駅、愛知環状鉄道中岡崎駅がありますので、いずれかの駅から徒歩10分程度で花火大会会場周辺まで到着できます。もし車で行くという場合は、岡崎城下家康公夏まつり花火大会では周辺に無料駐車場などを用意していませんので、近隣の駐車場を探して利用するしかありません。専用駐車場がないことから、その他の近隣駐車場は満車になる事が予想されますので、できれば公共交通機関を利用するのがおすすめですが、どうしても車でという場合にはかなり早めに行って駐車場を確保しなければならないでしょう。

岡崎城下家康公夏まつり花火大会は、三河花火発祥の地と言われるだけあって、様々な技術を駆使した花火を見ることができます。見る角度によってはバックに岡崎城が映り込むので、お城と花火のコラボレーションが楽しめますよ。岡崎城下家康公夏まつり花火大会には有料席がありますので、落ち着いて見たい方はあらかじめチケットの購入がおすすめです。有料席の場所は乙川河川敷になります。毎年この有料席は人気が高いので、事前に申し込みをして最終的には抽選になります。やや金額が高いのですが、それでもほしいという場合は、早めに観光協会へ問い合わせてみてください。

無理をして有料席を購入しなくても、しっかり花火を楽しめる場所はあります。例えば岡崎中央総合公園なら、打ち上げ花火はだいたい見る事ができるでしょう。あと、今年はまだどうなるのか分かりませんが岡崎シビコの屋上が花火の日に解放される可能性があるので、比較的見やすい穴場スポットになるかもしれません(去年は解放されていました)。ただ、毎年出ている露店は岡崎公園周辺になりますので、花火と同時に露店も見たいという方は、あまり岡崎公園から離れない方がよいでしょう。あるいは早めに行って露店を楽しんでから移動して花火を見る、というのもよいと思います。

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事