新潟で有名な温泉

スキーや美味しいお米など、様々な魅力がある新潟ですが、温泉通をもうならせる穴場の温泉が多数点在しており、癒しスポットとしても高い人気を誇っています。

白玉の湯 華鳳 別邸 越の里

高級温泉旅館としても知られているのがこの旅館ですが、越後の名湯「白玉の湯」を楽しむことができるお風呂としても人気があります。このお風呂が有名になっているのは硫黄成分の含有量が国内でもかなり高いという点で、エメラルドグリーンの湯色が特徴的になっています。泉質もさることながら越の里の展望露天風呂では、遠くの山並みや田園風景を楽しむことができるようになっており、心身ともにリラックス効果が得られるのも特徴のひとつです。また展望露天風呂ではシルクイオンバス装置が備わっており、お湯の抵抗が軽減された特別な入浴を体験することができます。ちなみにこの気泡はマッサージ効果で血行を良くし、美白効果も得られるので女性にはとくにオススメできます。さらにマイナスイオン効果によって疲労回復やリフレッシュ効果も得られるようになっています。これらの大浴場に加えて、予約をすることによってお部屋付きプライベートスパゾーンなどを楽しめるようになってます。入浴後に休憩所で休むことができますが、特製のエビ味噌汁や各種ドリンクも用意されており、ゆったりリラックスすることもできるようになっています。

白玉の湯 華鳳 別邸 越の里

越後湯沢 HATAGO井仙

東京駅からわずか80分で来ることができるのがこの温泉です。名前にもなっているHATAGOとは旅の中継点という意味があり、別荘や書斎としても利用してほしいという意味が込められているようです。越後湯沢の温泉は約八百年の歴史があり、江戸時代から多くの旅人に利用されてきた歴史があります。井仙では、無色無臭のアルカリ性単純泉が特徴にもなっており24時間かけ流しになっているのも特徴のひとつです。さらに最上階には貸切の露天風呂もあり、50分1,800円という価格で利用することができるようにもなっています。これらの入浴以外でも外にある足湯や、越後湯沢の飲む温泉水を使用した温泉珈琲などもあり、味わいも楽しめる温泉としても人気になっているようです。アクセスに関しては、車の場合には国道17号線から湯沢温泉街へ向かい2分、上越新幹線の場合にはJR越後湯沢駅を降りて、西口ロータリーすぐ前ですので、比較的便利だといえるでしょう。

越後湯沢 HATAGO井仙

著莪の里 ゆめや

大女将自身が泊まりたい宿を目指して設計したといわれるこの旅館ですが、自家源泉100%の温泉も人気の秘訣になっています。泉質は弱アルカリ泉(pH8.0)で、角質層を軟化させ美容効果も高く、温まりやすく冷めにくいので肌の血行改善にも効果的だといわれています。これらの美容効果に加えて、神経痛や筋肉痛をはじめ、関節痛や五十肩、また運動麻痺や関節のこわばりなどにも効果的ですので湯治としても利用することができるでしょう。ちなみに含硫黄なので独特の匂いが強いことと、銀のアクセサリーは変色してしまうので注意が必要です。2012年4月には、家源泉の露天風呂付き個室が湯開きされ、プライベートな空間でリラックスできると評判になっています。はなれ舎にも浴室棟が用意されてり、お庭と温泉付のついたくつろぎスペースを提供してくれます。アクセスは燕三条駅からの無料シャトルバスを利用できるほか、事前予約することで燕三条駅や新潟駅などからのタクシープランなども用意されているので便利になっています。

著莪の里 ゆめや

「温泉御宿 龍言」

約200年前に作られた豪農の館を移築した旅館で、土蔵造りの大浴場や庭園露天風呂など懐古の世界を感じることができるのが人気になっています。肝心の温泉ですが、曹洞宗名刹雲洞庵新井石龍禅師命名の「圓の湯(まどかのゆ)は、ナトリウムー塩化物温泉になっており病後回復期・疲労回復・健康増進などに効果的だといわれています。露天風呂2つ、貸切露天風呂2つ、内風呂2つ、岩風呂2つの合計8つのお風呂が用意されており、色々な違いを感じながらリラックス効果を得ることができるようにもなっています。このなかでもとくに評判になっているのが大庭園露天風呂「和楽の湯」で、外の爽やかな空気を肌に感じながら入浴することができます。これらお風呂に加えて、併設されているリラクゼーションサロン「癒し空間千里」では今注目されているリンパセラピーで心と身体をほぐすことができます。ちなみに龍言の近くには曹洞宗の禅寺である雲洞庵や、越後の守護職である上杉謙信、景勝ゆかりの名寺である関興寺、十万石の格式と葵の紋章を許されたという由緒ある寺院の永林寺などもありますので、観光ついでに利用されるというのも良いかもしれません。アクセスは上越線・ほくほく線「六日町駅」より徒歩20分、また最寄の六日町駅まで送迎してくれるサービスなどもあります。自動車の場合には関越自動車道で2時間45分、名古屋からは中央自動車道 関越自動車道経由で6時間になっています。

温泉御宿 龍言





イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事