一度は訪れたい三重県の温泉地トップ5

三重県の温泉地で訪れておきたいトップ5の温泉地

今回は三重県の温泉地の中で一度は訪れておきたいと言えるほど良かった温泉地について、ランキング形式で5つご紹介していきます。

第5位 都会とは違う自然に囲まれている磨洞温泉

この磨洞温泉を選んだ理由は2つあります。1つ目の理由は温泉地が田園地帯にあって、都会の忙しさから離れてゆったりとした時間を過ごしながら温泉に入れる環境にあることです。私は日頃の忙しい日々から離れたいという思いがありましたが、この磨洞温泉ではそれを実現できて良かったです。2つ目の理由は温泉地の近くに伊勢湾があり、そこで潮干狩りや地引き網などを楽しむことができるようになっているということです。そのため潮干狩りのシーズンなどに温泉旅行をする場合には、この磨洞温泉は特におすすめになります。
磨洞温泉

第4位 三重県熊野市にある世界遺産も楽しめる入鹿温泉

この入鹿温泉がお勧めできる理由は3つあります。1つ目の理由は2004年に世界文化遺産に登録された紀伊山地の霊場と参詣道があるということで、温泉に加えてもう1つ貴重が体験ができるのがポイントです。2つ目の理由は温泉地までユニークな鉱山トロッコ電車に乗って行くことができるということにあります。温泉旅行というのは行くまでの過程というのも思い出の1つになりえますが、この入鹿温泉ではまさにその過程において非常に面白い体験をすることができるようになっていて、私も未だに良い記憶として残っています。そして残る3つ目の理由は寝湯や打たせ湯、ジェット湯など様々な種類のお風呂があり、若い子供から大人まで存分に温泉を味わって楽しむことが出来るようになっているということです。このような理由がありますので、この入鹿温泉は特にお子様連れで旅行をするという場合にはおすすめとなります。
入鹿温泉

第3位 エリア最大の温泉地の1つ朝妻温泉

この朝妻温泉は、古い時代から伊勢神宮への参宮者が途中で泊まるための街として重要な役割を果たしてきた伊賀市に湧いていて、この地域で最も大きな温泉地の1つとして有名です。この朝妻温泉の特徴は、アルカリ単純温泉であることです。アルカリ単純温泉というのは肌に対して刺激が少なく、美肌効果が高いと言われていますので、特に女性にとっては最適な温泉地になると言えます。実際、私も友人もこの温泉の肌への効果の高さは実感できていますので、また将来訪れたいと思っています。さらにこの朝妻温泉を楽しむことができる宿泊施設の浴場はかなり広く、広々とした気持ちで温泉に浸かる事ができるということも1つのおすすめできるポイントとしてあります。さらに夜になると周りを囲んでいる自然をライトアップして、幻想的な雰囲気が作り出されるので、ぜひ体験してもらいたいですね。
朝妻温泉

第2位 鳥羽にある美味しい魚介類を味わえる安楽島温泉

この安楽島温泉がお勧めできるほど良かったと思えたポイントは3つあります。1つ目のポイントは鳥羽という地域ならではの美味しい魚介類が温泉の後の夕食などで楽しむことができたということです。2つ目のポイントは鳥羽駅から車でわずか10分ほどのところというロケーションの良さです。そして3つ目のポイントはこの温泉地が小高い丘の上にあるという地理的な条件だからこそ楽しめる絶景があるということです。これらの3つの要素があるため、この安楽島温泉は三重の中にある温泉郷の中でも特に強く記憶に残っています。そのため現在どこの温泉地に行くか悩んでいる方は、一度このエリアにある温泉宿などをチェックしてみることをおすすめします。
安楽島温泉

第1位 全国的にも有名な長島温泉

この長島温泉が訪れたことのある三重県の温泉の中で第1位として選んだ理由は大きく分けて3つあります。1つ目の選んだ理由はナガシマスパーランドという日本最大級の遊園地やジャズドリーム長島というアウトレットなどの施設が近くに数多くあるということです。このような施設があることで、友人などと行っても一日中楽しめるようになっていて、その後遊んだ疲れを温泉で癒すという最高の旅行の流れを作ることが出来るようになっているのです。私も実際このような流れで旅行を楽しみましたが、本当に良いプランだったと満足できました。2つ目の選んだ理由は、伊勢湾岸自動車道があることで、車で容易に行けるようになっていることです。実際この長島温泉は宿泊ではもちろんのこと、日帰りであっても問題なく温泉旅行が出来るということで人気なので、時間が十分にないような時には1つの行き先として考えておくことをおすすめします。そして残る3つ目の理由は先程ご紹介した朝妻温泉と同様に温泉がアルカリ性で、女性にとっては嬉しい肌に優しい温泉になっているということです。このように長島温泉は全国的に有名であって当然とも言える素晴らしいポイントがいくつもある温泉地なので、機会があればぜひ一度訪れてみると良いでしょう。
長島温泉










イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事