兵庫の温泉を楽しもう

兵庫県と言えば神戸の異人館や六甲山から眺める百万ドルの夜景、三宮の中華街などを思い浮かべる方が多いと思います。おそらく兵庫と神戸を同一においているからかもしれません。兵庫県は瀬戸内海側の神戸や三宮に加えて日本海側に伸びる県だということを聞くと驚く人も多いです。ところで兵庫の温泉というとどこをイメージされますか?おそらく有馬温泉と答える人が一番多いと思います。それだけ有馬温泉は有名な温泉街なのですが、有馬以外にも有名な温泉地はいくつもありますよ。

天下一の冷泉と名高い有馬温泉

兵庫の温泉で断トツで人気が高いのが有馬温泉です。私も有馬温泉には何度も足を運びましたが、情緒あふれる温泉街を訪れると、来てよかったという気持ちにさせてくれるのが有馬温泉です。ところで有馬温泉というのは非常に歴史が古く、古くは奈良時代にまでその起源をさかのぼります。古くから癒しの湯としての地位を固め、かの豊臣秀吉公にも愛された温泉地として、その名声を日本全国にとどろかせるようになりました。

かつては皇族の静養地として人気を博していて、天皇家が湯治に訪れるなど皇室とのつながりの深い温泉地となり、のちに行基によって有馬温泉の名声が確立されると有馬温泉は三大名湯としての地位を築き上げるようにまでなりました。平安時代の歌人清少納言によって有馬温泉が歌われたこともあり、日本最古の温泉としてその歴史の深さに驚く人も少なくありません。

有馬温泉に行くとまず目を引くのが泉質です。赤茶色の泉質は鉄分を含む泉質で金泉とも呼ばれています。その他にも幾つもの泉質があり、世界的に見ても有馬温泉の泉質は類を見ない豊富な成分を含んでいます。効能はリウマチ、切り傷、高血圧症、痛風などで、飲用可能な飲泉もあり胃酸過多を抑えてくれるといった効果があります。

有馬温泉は湯治場ということもあり、いくつもの老舗旅館が軒を連ね、日帰り入浴が可能な施設も多いです。ただ混雑時は日帰り入浴ができないこともあるので、確実に日帰り入浴が可能な施設を探しておくことをお勧めします。確実に日帰り入浴が楽しめるのは金の湯と銀の湯の公衆浴場です。料金も手ごろな価格なので、両方の泉質を楽しむという方法もあります。
有馬温泉

数々の文豪に愛された城崎温泉

城崎温泉は多くの文豪に好まれた温泉地としてとても有名です。志賀直哉の「城の崎にて」という作品は志賀直哉自らが城崎温泉を訪れた時のエピソードを基に執筆された作品で、城崎温泉を全国に知らしめた作品としても有名です。城崎温泉の歴史は非常に古く、温泉が開かれたのは1400年前と言われています。温泉地に行くといくつもの公共温泉があり、外湯めぐりを楽しめるようになっています。個人的におすすめなのが城崎温泉です。

城崎温泉は豊富に湧き出る単純泉で、42度という高温のお湯が湧き出ています。湯量が豊富でその多さに驚かれる人も多いです。泉質はナトリウムカルシウム塩泉で疲労回復や神経痛などにも効果があります。城崎温泉を訪れたらぜひ体験していただきたいのが先ほども触れた外湯めぐりです。城崎温泉には7つの外湯があってそれぞれ日帰り入浴ができるようになっています。城崎温泉ではそれぞれの温泉を楽しめる共通券を販売していますので、共通券を購入して湯めぐりを楽しむのが城崎温泉の楽しみ方です。

もし事情で温泉につかることができない場合は、現地にある足湯や飲湯場を利用してみるといいと思います。足湯は数カ所あってそれぞれ十分なスペースがあります。足湯は無料で利用できるので、着替えを持ってきていない方やドライブで立ち寄ったという方には足湯を楽しんでみるのがおすすめです。飲泉施設も複数あります。城崎温泉は慢性消化器病に効果があるので、疲れた胃腸をいたわるのに最適な温泉です。
城崎温泉

夢千代日記で有名になった湯村温泉

湯村温泉と言えばNHKで放送された夢千代日記で一躍有名になった湯治場です。湯村温泉は兵庫県の北部、日本海側に面した地域にあり、冬は豪雪地帯としても知られる雪深い地域にあります。湯村温泉の発祥は今から約1100年前で、98度という高温のお湯がたっぷり湧き出ています。湯村温泉に行くとあちこちにもくもくと湯けむりが上がっているのが目に映り、温泉情緒を掻き立ててくれます。

湯村温泉の泉質は弱アルカリ性で美肌の湯としても知られています。効能は関節痛、疲労回復、慢性婦人病などで飲泉もできるのが特徴です。付近には宿泊ができる旅館が立ち並んでいますが、日帰り入浴も可能なので、ちょこっとだけ立ち寄って温泉につかってから帰るということも可能です。

お金をあまりかけたくない人におすすめなのが足湯施設です。湯村温泉は無料の天然かけ流し足湯が解放されていて、多くの観光客でにぎわっています。ドライブで疲れた足を足湯で温めれば、気分がすっきりして運転に集中できるようになりますね。
湯村温泉










イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事