「博多美人」に磨きをかける福岡県の温泉

「博多美人」に磨きをかける福岡県の温泉

九州の温泉と言えば、雲仙(長崎県)、湯布院(大分県)、指宿(鹿児島県)が思いつきますね。それでは福岡県の温泉は・・・。思いつきますか。博多には美人が多いと言われます。確かに、お肌がキレイです。その秘密はもつ鍋や鶏の水炊きなどコラーゲン豊富な「食」と近場で湯(ゆ)ったりできる「温泉」にあります。福岡の温泉は、博多美人の素なのです。

■一湯ニ美な「美肌+美肌」の湯

福岡県と大分県の県境、朝倉市の筑後川沿いに原鶴温泉(福岡県朝倉市)があります。泉質は弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉でトロリとした肌触りが特徴です。アルカリ性単純泉はお肌の古い角質を落とし、単純硫黄泉はお肌のメラニン色素を落とします。ツルツルと色白のダブル効果はうれしいですね。福岡市内から約1時間ですから、日帰り入浴もできます。「湯めぐり帳」(7枚つづり)は1500円です。原鶴温泉には23軒の温泉旅館が軒を連ねますが、おすすめは「奉泉閣」です。どこにでもある温泉旅館という佇まいですが、施設が充実しています。お風呂のバリエーションが多く、館内で温泉巡りを楽しめます。もちろん、どのお風呂も「ダブル美肌の湯」です。ぜひ浸かりたいのは、「ジャングル風呂」ですね。熱帯植物が生い茂る浴場内に滑り台付きお風呂や岩風呂など6つの浴槽があります。露天風呂もいいですが、女性専用の「雅の湯」にはうれしいサービスがあります。数種類のシャンプー、リンス、ボディソープが選び放題、使い放題の「シャンプーバー」です。夕食は筑前朝倉蒸し雑煮など朝倉産の食材が盛り込まれた会席料理が味わえます。「牛すき焼き会席プラン」(1泊2食付き)は9800円~1万1800円(2名利用)です。日帰り昼食プラン(2980円~4980円)もありますよ。
原鶴温泉

■博多の中心で浸かる「美人の湯」

繁華街の天神、中州から徒歩圏内の那珂川沿いに博多温泉(福岡市南区)があります。泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物泉で、美白効果や保湿効果に優れます。一軒宿の「富士の苑」では45度の高温泉を薄めない、沸かさない源泉100%のお風呂を楽しめます。客室は和室オンリーで全12室です。夕食は「季節の会席」3コース(4200円~6300円)から選べます。料金(1泊2食付き)は9350円です。複合商業施設「キャナルシティ博多」の近くに「袖湊の湯」があります。ビジネスホテル「ドーミーインPREMIUM博多」(博多区祇園町)の温泉です。泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物泉で、肌触りがツルツルする「美人の湯」です。内湯にはヒーリングミュージックが流れます。お肌と耳に心地よい癒しの時間を過ごせます。夕食はありませんが、午後9時30分から11時まで「夜鳴きそば」(醤油ラーメン)の無料サービスがあります。ダイエットを忘れそうですね。料金は禁煙ダブル(朝食付き)1名利用が1万4343円~2万7500円、2名利用が7866円~1万4445円です。「ビジネスホテル」と思えば、少々お高いですが、「温泉ホテル」と思えばお値打ちかもしれません。
富士の苑

ドーミーインPREMIUM博多

■値段(300円、3万円)で選ぶ美肌の湯

天神から特急電車で約15分。太宰府市に隣接する筑紫野市に「二日市温泉」(筑紫野市湯町)があります。1300年の歴史を持ち、あの夏目漱石が「ぼっ(坊)ちゃん」と浸かった名湯です。泉質はアルカリ性低張性高温泉で、美肌効果の高いお湯です。共同浴場がたくさんありますよ。その一つ「博多湯」(300円)は、木造3階建ての風情ある佇まいが魅力です。湯舟と洗い場だけのシンプルな造りですが、湯疲れしたら、2階の休憩室で休めます。太宰府天満宮の参拝前にお風呂をいただくのもありですね。二日市温泉には10軒のお宿がありますが、やはり、「大丸別荘」(筑紫野市湯町)がおすすめですね。昭和天皇がお泊りになられた老舗旅館です。建てられた年代が異なる3つの宿泊棟(平安亭、昭和亭、大正亭)の客室41室に内湯があります。岩風呂形式の大浴場の風呂底には玉石が敷き詰められています。町中にある温泉ですが、秘湯感は満点です。夕食は四季折々の旬を生かした会席料理を味わえます。このお宿は朝食が楽しみです。だし巻き卵と湯豆腐が超美味。宿泊プラン(1泊2食付き)は1万4256円~3万3264円(2名利用)です。
二日市温泉

■竹の中から生まれる「かぐやの湯」

「博多の奥座敷」と言われる脇田温泉(宮若市脇田)は犬鳴川沿いに広がる温泉郷です。泉質はアルカリ性単純泉で、湯上りのお肌がスベスベします。春は桜、夏は蛍、秋は紅葉、冬は雪化粧と四季を問わず楽しめる温泉です。お泊りは「楠水閣」ですね。10種の露天風呂が自慢です。女湯「かぐや姫の湯」は竹の名産地ならではの造りで、竹の香りがお風呂を包み込みます。夕食は「一品一喜」がコンセプトです。旬の会席は視覚と味覚で癒されます。宿泊プラン(1泊2食付き)3万240円~3万4560円(2名利用)です。日帰りプラン(ランチ付き)は2500円です。博多の食と温泉で「お肌美人」になりましょう。
脇田温泉

※本文中の宿泊プランについては執筆時のものになりますのでご注意ください。







イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事