ゆるキャラも湯ったりする熊本県の温泉〈美人の湯〉

ゆるキャラも湯ったりする熊本県の温泉〈美人の湯〉

熊本城の修復には20年かかります。その間、くまモンが県の観光PRをがんばるのでしょう。くまモンの好物は、熊本産の果物と温泉です。もちろん、熊本の温泉には浸かりますよ。熊本の温泉は「美人の湯」ですから、くまモンは女性にもっとピーアールするべきですね。それでは熊本にあるおすすめの温泉をご紹介します。

■天草に浮かぶ「5足のくつ」の湯

天草は大小120の島々からなるエリアです。熊本とは天草五橋で結ばれています。自然の恵み豊かな天草は食の宝庫であり、温泉の宝庫です。個性的な温泉旅館が多いですよ。その一つが西海岸に面する下田温泉の「五足のくつ」(天草市天草町)。一風変わったオシャレな旅館名はオーナーが旅好きだから。お部屋は全15棟のヴィラタイプです。お忍びもOKですね。全棟に源泉かけ流しの露天風呂が付いています。泉質はナトリウム炭酸水素塩塩化物泉で、別名「クレンジングの湯」「美人の湯」とも。夕食は天草の地魚をメインにした懐石料理です。1棟貸切(1泊2食付き)の料金は2万7150円~3万390円(2名利用)。別世界に誘う温泉旅館は意外にリーズナブルですよ。

■天草の小高い丘から海を眺める湯

天草の中心地に近い丘の上に建つのは、「ホテルアレグリアガーデン天草」(天草市本渡町)です。敷地内に温泉施設「ペルラの湯舟」があります。宿泊の場合は無料で利用できますよ。海と山の景観で目を癒し、天然温泉で心身を癒せます。オーシャンビューな「海の湯」は最高の一言。レストランもあるので、日帰りでも十分楽しめます。入浴料金は600円です。もちろん、本館には木々に包まれた「山の湯」と「森の湯」、そして海に包まれた露天風呂「海の湯」があり、有明海のパノラマを一望できます。泉質はアルカリ性単純泉で、「美人の湯」です。夕食は魚介類など地元の食材を厳選した「和み膳コース」を味わえます。タイやアワビもいいけど、天草ハイヤポークは絶品ですよ。「和みコース」が付いたスタンダードツイン(1泊2食付き)は1万3500円~1万6740円(2名利用)です。

■自然の中に建つ水着の湯

県北東部の阿蘇には約600の源泉があります。そのうち、約20%が阿蘇内牧温泉(阿蘇市内牧)に集中しており、温泉旅館も30軒を数えます。ですが、広い範囲に分散しているので、草津(群馬県)や城崎(兵庫県)のような温泉街を形成していません。その中でも、「阿蘇の司ビラパークホテル&スパリゾート」(阿蘇市黒川)がおすすめ。自然の中に建つホテルです。水着で楽しめる室内スパ「クアリゾートオメール」(季節限定)は回流バス、リラックスバス、ジャグジーなど充実のクア施設。料金は950円です。本館3階には宿泊者専用の展望風呂を完備。泉質は炭酸水素塩温泉で、古い角質や皮脂汚れをきれいに洗い流してくれますよ。夕食は全70種の和洋バイキングはいかが。お寿司やステーキの実演はもちろん、阿蘇の食材を使ったメニューも豊富です。オプションですが、博多の人気焼肉店「都」の純韓国料理も味わえます。和洋バイキング付きのスタンダードプラン(1泊2食付き)の料金は1万4000円~1万6000円(2名利用)です。

■田舎家のようなくつろぎの湯

シルクの糸が流れるような「鍋ケ滝」を観光スポットの一つに持つ黒川温泉は阿蘇郡南小国町にあります。毎年12月下旬~3月下旬には竹細工や竹筒に灯りを点す「湯あかり」が温泉街の丸鈴橋で開催されます。その中に、山間の宿「山みず木」が佇んでいます。田舎家のような玄関をくぐると、そこは別世界。旅の疲れを忘れるくつろぎの空間です。女性の露天風呂は「森の湯」、内湯は「風神の湯」「さおと女」があります。泉質はナトリウム塩化物硫酸塩泉で、お肌の弾力を取り戻せます。他の温泉旅館の露天風呂も楽しめます。「入湯手形」は1200円です。客室は和室オンリー全21室。夕食は季節の幸を満喫できる創作会席料理です。スタンダードプラン(1泊2食付き」)は1万9440円~2万520円(2名利用)です。

■お宿もピカピカ、お肌もピカピカの湯

JR熊本駅からバスで1時間20分。岩村川のほとりにある平山温泉(山鹿市平山)は、「山鹿の奥座敷とか、「薬効の里」と呼ばれています。乳液のような「美容の湯」が女性に人気です。小さな温泉地に15軒の温泉旅館が肩を寄せ合っています。「湯山別荘たいち」がおすすめ。2010年にオープンしたピカピカの温泉旅館です。泉質はアルカリ性単純硫黄泉で、皮膚表面の古い角質と毛穴の皮脂を洗い落とします。硫黄泉は便秘にも優れています。客室には露天風呂と檜の内風呂を完備。お部屋で温泉三昧が楽しめます。夕食は専用個室で、全15品の会席コースが味わえます。ツインベッドのプラン(1泊2食付き)は、1万8000円~2万1000円(2名利用)です。熊本の温泉はこんなに楽しめます。ぜひ熊本に足を運んでくださいね。

熊本の温泉

※本文中の宿泊プランについては執筆時のものになりますのでご注意ください。







イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事