滋賀県の花火大会情報

滋賀県の花火大会情報

1:びわ湖大花火大会
毎年35万人が訪れる滋賀県のびわ湖大花火大会は、2018年で34回目となります。壮大な琵琶湖を背景に打ち上げられる花火は、他の花火大会では見られないような幻想的な花火を楽しむことができます。2018年のびわ湖大花火大会は8月8日に開催予定となっていて、時間は19時半からの予定です。花火の打ち上げ場所は大津港沖で、約10000発の花火が打ち上げられます。

びわ湖大花火大会の観覧スポットですが、有料で指定席が約24000席と立見席が約12000席程あります。また、最前列で花火を楽しむことができるプレミア席や2人で座る事ができるカップル席、撮影したい方の為のカメラ席、そしてリーズナブルな自由席もあります。各有料席のチケットはいろいろなところで販売されていますが、大津駅観光案内所や京都新聞文化センターなどの販売はすでに完売となってしまっているので、日本旅行や近畿日本ツーリストのホームページ、チケットぴあ、ローソンチケットなどから購入することができます。料金は普通席が3900円、プレミア席が6000円、カップル席が15000円、カメラ席が8000円、自由席が2000円です。花火をわざわざお金を払って見たくないという方は直接会場へ行って場所を探してもいいですが、びわ湖大花火大会は35万人も訪れる大人気の花火大会で、毎年ものすごい混雑しています。ゆっくり見たいという方は有料席を購入しておくのがおすすめです。

びわ湖大花火大会の花火で注目すべきは水面で放たれるスターマインなど、湖ならではの花火です。しっかり花火を見たいという方は出来るだけ打ち上げ場所に近いところで見るのがおすすめですが、有料席以外では矢橋帰帆島や比叡山ドライブウェイの駐車場なんかがちょっとした穴場スポットになっています。矢橋帰帆島は花火会場とは反対側になるので少し距離がありますが、比較的空いていて、落ち着いて見ることができます。比叡山ドライブウェイには展望台があるので高い位置から花火を見られますので、会場とはまた違った楽しみ方ができておすすめです。大津サービスエリアの駐車場からも花火が見えるのですが、少し距離がありますので、間近で見たいという方には適していないです。琵琶湖近くにある琵琶湖ホテルでは、毎年花火大会用のプランが用意されてますので、日帰りで食事つきで楽しむというのもよいかもしれません。

2:愛知川祇園納涼祭花火大会
今年で137回目を迎える愛知川祇園納涼祭花火大会は、滋賀県内の花火大会の中でも特に歴史のある花火大会です。花火を楽しむことはもちろんですが、愛知川祇園納涼祭花火大会では祇園神社での神事や数多くの露店が出るので、花火大会とお祭りを一度で両方楽しむことができるのでおすすめです。

愛知川祇園納涼祭花火大会で打ち上げられる花火は3500発ほどとそれほど多いわけではありませんが、仕掛け花火なども見ることができる内容で、80分ほどありますので物足りないということはないです。昨年は4万人ほどの方が足を運んでいました。愛知川祇園納涼祭花火大会の日程は7月21日の予定で、19時45分頃から開始になります。打ち上げ場所は和歌山港中ふ頭あたりで、最寄り駅は五箇荘駅または愛知川駅です。このどちらの駅からも花火大会会場までは徒歩で行ける範囲ですが、駐車場が1000台分くらいあるので(有料500円)、車で行っても問題ありません。ただし、当日は周辺が渋滞したり、もしかしたら駐車場が満車になってしまう恐れもあるので、できるだけ早めに向かうのがおすすめです。

愛知川祇園納涼祭花火大会には有料の観覧席は用意がありませんので、直接現地で場所を確保しなくてはいけません。せっかくたくさんの露店が出ているので、その周辺で楽しむのがおすすめではありますが、露店周辺はやはり人気があって人が多くなります。人ごみを避けて花火大会を楽しみたいのなら、会場周辺や露店を避けて少し離れた場所から見た方がいいですね。花火大会当日には近隣のスーパーの屋上が解放されたりしているところもあります。少し高い位置から花火を楽しみたい方にはおすすめです。ただし、こうした場所も会場周辺もそうですが、愛知川祇園納涼祭花火大会は意外と人が密集しやすいので、はぐれたりしないように気を付けてください。車で会場周辺まで行く際にも、花火大会当日の愛知川周辺は交通規制が入って車で進入できなくなるところもあります。

個人的におすすめの愛知川祇園納涼祭花火大会の楽しみ方としては、当日夕方の早い時間に会場周辺まで行って、車の場合は駐車場に車を止めておきます。そして、先に露店で食べ物や飲み物を買ったりしてお祭りを楽しみ、花火の打ち上げ時間までを過ごします。そしてちょうど打ち上げ時間ころまでに観覧スポットを探しておくという流れです。昨年はこのような感じで行動し、スムーズに花火を楽しめました。露店の出店が多いだけに毎年かなり混雑しますから、早め早めの行動がポイントです。

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事