浴衣をもっと着こなすための便利グッズ

浴衣をもっと着こなすための便利グッズ

蒸し暑い時期に着る浴衣は、快適に着こなせたらとても素敵だけどなかなかそう簡単にはいかないことも多いのではないでしょうか。でも、最近はさまざまな着付け便利グッズが出回っているので、上手に使えば意外と簡単に浴衣を着こなすことができてしまいます。

浴衣のための便利グッズ①和服肌着
まず、浴衣は暑いシーズン用なので、生地も薄めで涼やかに着られるようになっています。そのままサラッと着たいところではありますが、私は浴衣の中には必ず肌着を着ています。何故なら、そのまま着たのでは下着が透けてしまうからです。特に薄いピンクなどは夏らしくて涼やかなのですが、とても透けやすいので注意が必要です。手持ちのタンクトップやキャミソールでも良さそうに思えるかもしれませんが、和服肌着があるのとないのとでは着こなしにも意外と差がついてしまいます。汗もよく吸い取ってくれるので、暑い日でも快適にお出かけが楽しめるでしょう。来年も着るのであれば1枚購入しておくと重宝するハズです。簡易的な夏用和服肌着なら上下に分かれていないので、頭からすっぽりとかぶるだけでOKです。また、肌着を付けておくと体型補正にもなりますし、大切な浴衣に汗ジミを作るのを防ぐこともできます。

浴衣のための便利グッズ②安全ピン
楽しいお出かけの最中も、ふと気になるのが浴衣の着崩れではないでしょうか。せっかくきれいに着つけができても、時間とともにどうしても着崩れが起きてしまいます。そんな時のために、数本の安全ピンをバッグに忍ばせておきましょう。襟元が緩んで来たなと感じたら、内側からさっと安全ピンでとめておけば胸元が見えてしまうのを防ぐことができます。安全ピンは遠くからなら意外と見えないので安心です。

また、浴衣の着崩れを予防するには、コーリンベルトを使って着付けの時に胸元をしっかり合わせておくのも効果的な方法です。コーリンベルトとは、平たいゴム紐の両端にクリップがついている便利グッズです。確実に胸元が留められるので、はだけ防止に一役買ってくれるはずです。ただし、付ける位置が意外と難しいので、何度かチャレンジして慣れるようにすると良いでしょう。

浴衣のための便利グッズ③サザメ
サザメとは、帯を簡単に結ぶことのできるおすすめの便利グッズです。これがあれば一人でもきれいな帯が出来上がるはずです。まずは帯の羽になる部分を折り畳んでサザメを挟み込みます。そして、体にサザメを挟んだ帯を巻いて、お腹の前でちょうちょ結びを作ったら、あとは帯の残りを始末して背中に回せば出来上がりです。一文字や花文庫、歌舞伎結びといったさまざまな結び方もできるので、サザメがあれば着物を着る楽しみがぐんと広がることでしょう。

浴衣のための便利グッズ④帯飾り
帯の結び方にも楽しみがあれば、帯飾りもまた浴衣の楽しみの一つに違いありません。同じ浴衣で同じ帯の結び方であったとしても、帯飾りを変えるだけで印象をガラリと変えることができるからです。1枚の浴衣でいくつかの夏祭りに行くという場合でも、帯飾りを揃えておけば大活躍してくれるでしょう。

帯飾りはお店に行けば実にさまざまなものが取り揃えられているので迷ってしまうほどです。そんな時には、パール付きなども良いのではないでしょうか。いつもの浴衣を、モダンかつエレガントな印象に仕上げてくれます。パールは温かみのあるイメージがあるかもしれませんが、意外と清涼感もあるので夏の着こなしにはぴったりです。また、昔風の浴衣にも今風なイメージをプラスしてくれるはずです。もちろん、着物の帯飾りとしても使えます。

他にも、大ぶりなお花のモチーフがついた帯飾りもおすすめです。大ぶりというだけで人目を引きますし、お気に入りの一品を見つけて取り入れてみてはいかがでしょうか。シンプルな浴衣ほどその効果は大きく、シックでいながら華やいだ印象に仕上げられます。

浴衣のための便利グッズ⑤その他
これらの他にも、浴衣を着た時には是非持って行きたいものがいくつかあります。例えば、夏祭りの会場では手を洗うところも限られているので、ウェットティッシュや汗拭きシートなどがあると大変重宝するハズです。しかも、縁日の屋台の食べものなどはソースなどべたつくものが多いので、ウェットティッシュがあればせっかく着こなした浴衣を汚さずに済みますし、口元もすぐ拭き取れます。

また、浴衣といっても意外と中は蒸れるので、たくさんの汗をかいてしまうことがあります。そのため、汗拭きシートは必ず持って行きましょう。ウェットティッシュでも代用できそうに思えますが、汗拭きシートの方が使い心地ははるかに爽快です。汗の吸い取りが良い夏用の和服肌着を着ていても、トイレに行った時に汗拭きシートでサッと拭きとれば、気になる汗の臭いを防ぐこともできて便利です。かいた汗はそのままにしていると夏風邪の原因にもなりますので、少し面倒でもきちんと拭き取るのがおすすめです。

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事