浴衣の着付けHOW TO

浴衣の着付けHOW TO

浴衣画像

浴衣の着付けHOW TOは、下準備を丁寧にしておくとうまくいきます。私は、浴衣や帯はもちろんのこと、板帯やコーリンベルト、腰紐、バスタオルや浴衣用の肌着なども忘れずに用意しています。

浴衣の着付けの下準備

肌着は、浴衣用のものがなければ普段使っているキャミソールやペチコートなどでも代用できますが、できれば専用のものを一つ用意しておくと役立つものです。特に浴衣を着るのは蒸し暑い時期なので、化繊がほとんどというキャミソールなどよりも、木綿製の専用下着を用意しておくと良いでしょう。また、暑いので肌着を着たくないと思うかもしれませんが、下に何も着ていないと意外と日に透けて見えてしまいますし、中に1枚着ていた方がより美しく浴衣を着こなすことができます。

そして、着物というものは、美しく着こなすにはバストやヒップにボリュームがあるよりも、寸胴体型の方が向いています。そのため、ウエストにはバスタオルを巻いて、くびれをなくしておきましょう。この時、できるだけ薄地のバスタオルを選ぶのがおすすめです。縦に三つ折りにしたらぐるりと胴に巻き付け、腰紐でゆるめに縛っておきます。ここまでが下準備です。

難関な帯の前までHOW TO

下着を付けて寸胴体型が出来上がったら、いよいよ浴衣の着付けです。女性の浴衣は男性用とは違って丈が長いので、まずは自分に合った着丈を決めることからスタートします。軽く羽織ったら、左右のえりの先端を持ってお腹の前で交差させて持ち上げてみます。ちょうどくるぶしが隠れるくらいの丈がベストの着丈です。良さそうなところで腰紐を軽く結んで仮留めしておきましょう。この時、リボン結びの円が一つだけ残るように結ぶと、取る時に片手で取れて便利です。

次に、左右の脇のすき間からそれぞれ手を入れて、おはしょり部分の布地を内側から伸ばしてきれいにしておきます。因みに、このおはしょりというのは、「端折る」という意味からきています。もともと引きずって着ていた着物が地面について汚れるのを防ぐために端折って短くしたことに由来しているのです。そして、片手で両えりの合わさった部分を軽く持ち、もう片手は腰当たりの布地を持ってお互いに引き合い、首の後ろに拳1つ分くらいのすき間が空くくらいにえりの位置を決めます。これは衣紋抜きといいます。

次に、えり合わせをします。喉にあるくぼみの下に、指2本分が空くような位置に前のえりを合わせてみましょう。これに合わせて下前のえりをきれいな三角形が作られるようにして整えます。えり部分は、顔のすぐそばにあることから人目に付きやすいので、とても重要な部分です。ここをきっちりと合わせておくと、良い印象を持ってもらえるはずです。

次は、着丈を決めた時に余った部分、おはしょりを整えます。紐を右手で持って右の腰に当て、左手で体の後ろで紐を回して前で固結びにして余った紐は巻き込んでしまいましょう。おはしょりは、ちょうど腰骨当たりまでの長さに整えると全体のバランスも良くなります。もしもそれより下に来る場合は折りたたんで調節します。また、おはしょりの折った部分の布の縫い目が、下にくる布の縫い目と合っていることも大切なポイントです。おはしょりがちょうど良くできたら、上から紐で結んで余った紐を巻き込んで処理したら出来上がりです。

帯の結び方HOW TO

おはしょりも初心者にとっては非常に難しい部分ではありますが、何といっても着付けで難しいのは帯の結び方なのではないでしょうか。でも、これも慣れてしまえば自分一人で簡単に結ぶことができます。レイヤー結びを例にとってみましょう。レイヤー結びができると、帯が何重にも短く垂れているので、大人っぽくもありながら可愛らしさも感じさせられる素敵な着こなしができます。

まずは、帯の端を持ち、肘くらいまでの長さを残すようにして体に1周させましょう。この時、帯がかなり長めなので、腕で頑張って回すよりも自分の体を回して巻き付けるようにすると上手くいくはずです。長い方の部分が表面に出ることになり、残した部分は結ぶために使います。この時、ゆるみが無いようにきっちりと巻き付けることがきれいに仕上げるコツです。

次に、長い方の帯を2つに折り畳み、最初に残しておいた帯ときっちりと結びます。この時はがっちりと隙間がでないように締めておくと、帯が崩れてしまうのを防ぐことができます。そして、帯を肩幅くらいの長さに山折り谷折りの順に折っていき、結び目の中を下からくぐらせて半分ほど出るようにし、きれいに整えたら完成です。外に垂れる部分が短めになるように細かく折りたたんでおくとフリルのようなボリュームを出すことができますし、一つ一つを長めにするとすっきりした印象になるので大人っぽく見えるはずです。また、垂れた部分を左右に散らすようにして、自分好みの形に整えると良いでしょう。最後に、体の後ろにくるようにくるりと帯を回転させます。

浴衣 レトロ 柄 京都発 こだわり浴衣セット [浴衣・帯] レディースジュニア [ 大人用 140 150 155 165 cm 大人 レトロ モダン 白 ピンク 黒 紺 ピンク 水色 花柄 金魚 牡丹 シワ兵児帯 夏 通販 ] 送料無料    [セール 返品不可]

価格:2,980円
(2018/7/28 10:00時点)
感想(40件)

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事