夏祭りの「盛沢山」を満喫できる山梨県

夏祭りの「盛沢山」を満喫できる山梨県

私の勤め先は本社が東京にあるので、よく新幹線を利用します。その都度、絶景の富士山に強い憧れを抱きます。その憧れを満たすため、富士河口湖温泉で人気のホテルを予約しました。やはり、富士山と河口湖のコラボは絵になります。ですが、山梨は「富士山」だけではありません。夏祭りが「盛沢山」です。

■甲府で華やぐ「七夕」を味わう
甲府は新宿から特急で約90分です。タブレットで仕事をしていると、すぐ着きます。甲府で有名なものは「ずんちゃんパン」と「甲府夏祭り(七夕まつり)」です。「ずんちゃんパン」(甲府市上石田)は、昭和の香りが漂う町のパン屋さんで、「たくあんパン」がおすすめです。「甲府夏祭り(七夕まつり)」は、毎年7月1日~8日(午前10時~午後10時)に甲府市中心商店街「甲府銀座通り」で開催されます。アーケードを色鮮やかな吹流しと飾り付けが彩ります。飾りつけは銀座通りの商店主と、市立甲府商科専門学校の学生がコラボした力作です。期間中は商店街で特別セールやイベントが開催されるほか、7月5日~7日に約100店の屋台が軒を連ねます。「七夕だんご」や「八ヶ岳スモ-ク」はなるほどですが、なぜだか「神戸焼きめし」や「名古屋コーチン唐揚げ」もありますね。特に、7日は浴衣姿の女性で賑わいます。駅前ビルで浴衣をレンタルできるので、私も着替えました。一休みには甲府市役所10階展望ロビーがおすすめです。夜9時30分まで開庁しているので、甲府の夜景を楽しめます。

■石和で「鵜飼」と「花火」を味わう
石和温泉(笛吹市石和町)は女性に美しい風景、うれしい泉質、美味しい料理が揃った観光地100選の一つです。特に、桜並木はライトアップされるなど春の桜で知られ、春に訪れる女性客も少なくありません。わたしのおすすめは、夏の「石和温泉鵜飼花火」です。毎年、7月20日(鵜飼開き)から8月19日(鵜飼納め)までの水曜、木曜、土曜、日曜日に行われます。大きな花火大会のような混雑がないので、小さいお子さんがいるファミリーにも最適です。川岸の階段に腰を下ろして見物していると、まず、鵜飼が始まります。船上からの鵜飼は長良川で観ましたが、川岸からの鵜飼は初めて観ました。鵜匠が川の中で巧みに鵜を操り、魚を獲ります。鵜飼は体験もできますよ。「お待たせしました」とばかりに、300発の花火が打ちあがります。対岸から打ちあがるので迫力がありますね。笛吹市の夏祭りを締めくくるのが「石和温泉花火大会」です。毎年8月21日に開催され、1万発の花火が打ちあがります。7色のレインボースターマインと音楽のミュージックスターマインがオリジナル花火です。有料席(市役所周辺)はVIP席(2名)が3万円、個人席が2500円です。一般販売(7月1日~)でチケットを入手できない場合、「矢代ふるさと公園」(笛吹市八代町)がおすすめです。子供連れでもOKですし、トイレもあります。

■清里で「夏夜のバレエ」を味わう
富士五湖では8月1日から5夜連続で花火大会が開催されます。そのトップを切るのが「山中湖報湖祭」です。その始まりは東京帝国大学(東京大学)の学生が湖の恵みに感謝して打ち上げた花火です。長池地区の会場(親水公園)からは、8000発の花火と富士山が同時に観賞できます。会場には駐車場とトイレがありますし、近くにコンビニとファミレスがあるのでベストな会場です。ですが、すぐに満車になるので、早い時間に行く必要がありますよ。他の会場は山中地区(山中湖畔駐車場)、旭丘地区(旭丘駐車場)、平野地区(平野ちびっ子広場)です。清里(北杜市)らしいイベントが「清里フィールドバレエ」で、毎年7月末~8月中旬に「萌木の村特設野外劇場」で開催されます。チケット(自由席)は前売りが5000円、当日が6000円です。清里の夏の夜に舞うプリンシパルは華麗です。

■吉田で秋を告げる「火祭り」を味わう
秋を告げる夏祭りが「吉田の火祭り」(富士吉田市)で、毎年8月26日・27日に行われます。浅間神社のお祭りであり、お山(富士山)じまいのお祭りでもあります。26日は祭神が浅間神社から諏訪神社にお遷りになります。神輿が一夜限りの御旅所に奉安されると、祭神のお出ましを祝う80本の大松明を焚き上げ、金鳥居から浅間神社に至る参道を照らすのです。同時に、家々や富士山の山小屋でも松明が焚かれます。町と山が炎の赤一色に染まる光景はとても幻想的ですよ。27日は神輿渡御が行われ、神輿が浅間神社の高天原を7周し、3周目からお山神輿が加わります。祭神を浅間神社の本殿に戻す遷御を終えると、富士山が秋を迎えます。富士山には冬の花火も似合いますね。毎年1月下旬から2月中旬に「河口湖冬花火」が開催されます。真っ白に化粧した富士山を背景に、1500発の花火が打ちあがります。空気の澄んだ冬の花火は美しさが際立ちます。富士にお祭り、それが山梨です。

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事