浴衣の着付けに必要なグッズとは?

浴衣の着付けに必要なグッズとは?

浴衣は着物に比べれば随分と省略されているイメージがあるので、着付けも簡単にできるようにイメージしている方は多いのではないでしょうか。私も実はそんな安易な気持ちで、数年前に生まれて初めて浴衣を購入し、その後から、意外にもいろんな備品が必要であることに知ったのです。

浴衣の着付けには意外とたくさんのグッズが必要

浴衣の着付けに対する私のイメージは、浴衣の布地1枚に帯、下駄、髪飾りくらいなものでした。でも、当然ながらそれだけではすぐに浴衣は着崩れてしまいますし、第一、浴衣に帯だけでは着つけが完成するはずがありません。昔であれば浴衣というとお風呂上がりに着るものだったといいますから、その時代には浴衣に帯1本で良かったのかもしれません。でも、現代の浴衣はれっきとした外出着なので、着付けするのにさまざまなものが必要となるわけです。

浴衣の時の下着はどうする?

浴衣の着付けには、意外とたくさんのグッズが必要です。まずは、浴衣用肌着が必要となります。これがあるのとないとのでは、浴衣の着付けの完成度に雲泥の差が出てしまうからです。素材は、汗を吸い取りやすい薄手の木綿性のものが最適です。ワンピースタイプとツーピースタイプがあり、ツーピースだと他のシーズンでも使えて便利ですが、とりあえずというのならワンピースがおすすめです。私は着物は浴衣しか着ないので、ワンピースタイプ1枚だけ購入しましたが正解だったと思います。キャミソールやペチコートで代用もできそうですが、たいていは化繊なので、木綿性の下着を買っておくと快適度が違ってきます。

また、和装用のブラジャーというのが一つあると着物を着る時にも重宝します。胸があまりない場合はしなくても良いのですが、胸の大きな人はしないと帯の上にバストが乗っかってしまって、オバサンぽく見えてしまいます。和装用のブラジャーはパットやワイヤーが入っていないので、バストが強調されず着物姿が美しくなるのです。

着崩れ防止グッズの数々

浴衣も着ただけでじっとしていれば良いのですが、当然いろんな動作をすればすぐに着崩れてしまいます。これを防止するのに着付けの際にはいろんなグッズを用意しておくのがおすすめです。ある程度揃っていれば当日は着崩れの心配もなく夏祭りも楽しめるはずです。

例えば、帯を結ぶ前には腰紐を巻いておきますが、これも浴衣がはだけなくて済むからです。着物では何本も使うようですが、浴衣ならとりあえず1本あれば十分でしょう。また、着崩れというと、着付けの時にきっちり合わせていた襟がどんどん広がっていくのが気になるものです。これを防止できるのがコーリンベルトです。脇の部分に空いている身八つ口と呼ばれる部分からコーリンベルトをしのばせ、先端に付いているクリップを着物の端にパチンと留めます。そしてベルトをくりると体の後ろに回し、もう片方の身頃の端にもクリップを留めれば出来上がりです。ベルトはゴムになっているので、あまりきつくしないように気を付ければ動きがセーブされることもなく、襟が広がるのを防ぐことができます。それから、美しい帯を作るには前板も必需品でしょう。お腹の前部分にたわみがでないように、帯の間に板をはさんでぴっちりさせるのです。浴衣なら、メッシュの入った涼やかなものがおすすめです。

浴衣の楽しみを広げるためのグッズ

浴衣の着付けに必要なものは以上です。でも、浴衣の楽しみを広げるためにはもっといろんなグッズを揃えておくのがおすすめです。私も初めて浴衣を着た時には必要最小限のものだけで、後は洋服を着ている時のものを応用していました。でも、やはり浴衣用の小物を揃えていくと自分が日本人であることを心から実感してしまいます。浴衣を着るというだけでも非日常的なのでワクワクするものですが、こうしていろんなものが揃っていくと、さらに楽しみは広がっていくのです。

例えば、浴衣だからといって荷物は決して少ないわけではありません。特に真夏は汗をたくさんかくので、汗対策用グッズをあれこれ持って行きたくなるものです。すると、いつの間にか荷物が増えていって、それなりのサイズのバッグが欲しくなりますよね。そこでおすすめしたいのが、かご巾着バッグです。素材はいろんなものがあり、植物の茎でできたアタバッグなどは東南アジアの風情もあってとてもオシャレです。もちろん、洋服の時にも使えて便利ですよ。上の部分は布製の巾着になっているので、絞ってしまえば中のものが見えなくて済みます。大きさはさまざまですけど、トートバック程度の大きさのものを選べば普段使いの時にも役立つはずです。

また、浴衣をさらに素敵に見せるためには、髪飾りもそうですが帯飾りも揃えておきたいものです。体に回してお腹の前で紐を結んだら、くるりと後ろに半回転させればよいだけなので、付け方は簡単です。夏であれば、ガラスの中に花などが飾られている帯飾りなどを付けると涼やかなものです。他にも、簪のように帯に差して使う帯飾りもおすすめです。

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事