浴衣の着崩れは早めの対処が肝心

浴衣の着崩れは早めの対処が肝心

浴衣は着付けの時に着崩れないように工夫しても、時間とともにどうしても崩れていってしまうものです。私はそんな時、すぐに着崩れを直して美しい浴衣姿を長くキープするようにしています。

胸元がゆるんできたら

着崩れで一番気になるのは、胸元がゆるんできて中が見えてしまいそうな時なのではないでしょうか。襟がぴっちり合っていないと周囲にだらしない印象を与えてしまいますし、下着が見えてしまったのではせっかくの浴衣姿が台無しです。そんな時には、まず、左側の脇の下にある身八つ口と呼ばれる隙間から左手を入れて、ゆるんだ下前の襟をピッと引き、右手で上前の襟を軽く整えます。そして、帯の下に出ているおはしょりの折り返し部分を下に引いて、上前の襟のゆるみをきっちりと取ります。ひどくならない内に直しておくとよりきれいな状態をキープしやすくなるので、少しでもゆるみを感じたらすぐに対処するようにしましょう。慣れれば簡単にできますよ。

裾が広がってきたら

胸元のゆるみに次いで気になるのが裾が次第に広がってしまうことです。おしとやかな女性らしく裾すぼまりに着付けても、歩いたり座ったりするうちに少しずつ布地がずれて広がってしまうのです。これではだらしなく見えてしまう上に、スタイルまで悪く見えてしまうので注意が必要ですね。しかも、あまりに下に垂れ下がってくれば、下駄で踏んでしまい兼ねません。

まずは、上前を軽く持ち上げてから下前を引き上げて、ウエストの腰紐に押し込んでしまいましょう。その後、腰紐をきっちりと結び直しておけば安心です。それでも下がってくるような時は、腰紐がゆるいことが原因かもしれません。腰紐はきつく結びすぎると苦しくなってしまいますが、ある程度きつめにしておくことで裾の広がりを防止できます。

帯がきつくて辛くなってきたら

帯をぴっちりと締めていれば着崩れの心配は少なくなりますが、きつすぎれば苦しくなりますし、食事も思うようにできなくなってしまいます。長時間に及べば具合が悪くなることもあるので、ひどくなる前に対処しておきたいものです。

帯が上にずれている場合、みぞおちが締め付けられて苦しくなってしまいます。これを解消するには、帯を下に引いてみることです。たったこれだけで随分と楽になるので試してみると良いでしょう。トイレに行かなくてもさりげなくできてしまいます。また、帯を下に引くと着物姿が美しくなるので一石二鳥です。

また、先ほども触れましたが、帯ではなく腰紐がきつすぎても苦しくなってしまいます。そんな時には、結び目を一度ほどいて、ひと結びするようにしましょう。結び目がお腹の前にくると当たって辛くなるのでやや脇寄りにし、余った部分は両脇に差し込んでおけばOKです。もちろん、みぞおちを締めないように、やや下側に締めます。この時、蝶結びなどは苦しくなりやすいので避けるようにします。

着崩れをしないためには

着崩れしそうになったら早めに対処することが大切ですが、着崩れしないようにふるまうことも同じくらい大切です。例えばトイレなどは狭い場所で浴衣を大きくまくりあげなければならないので、浴衣がずれてしまいやすくなります。

トイレはできれば洋式を選びましょう。しゃがむよりはるかに布を動かさなくて済みますし、裾が汚れる心配も減らすことができます。個室に入ったら、便器や壁に触れて浴衣を汚すのを避けるためにすぐに裾を持ち上げ、帯の上に挟み込んでしまいます。この時、ピンチなどがあれば途中で落ちてくるのを防げて安心です。その後、下着を持ち上げて同様に帯に挟み込んでから用を足しましょう。終わったら手順の逆を辿っていけばOKです。最後に、洗面所の鏡で襟元や帯をチェックし、裾を整えてからトイレを出るようにします。

浴衣を着たら座る時にも着崩れ防止のためのコツがあります。要は、垂直に立って浴衣がストンとしている状態から、腰から90度に曲がる状態まで、できるだけ布がずれないようにすれば良いのです。ベンチに腰掛ける時、少し気をつけるだけで良いので覚えておきましょう。座る位置の前に移動したら、浴衣の上前を軽く持ち上げてやや大きめに引き上げて、空中で腰をかがめて座った状態に近づけておいてから座ります。また、背もたれに深く腰掛けるとせっかくの帯がつぶれてしまうので、寄り掛からないように腹筋を使って良い姿勢をキープすると美しい座り姿になります。

他にも、歩く時には浴衣ならではの注意点があります。洋服と違って足が開かないことから歩きづらいので、あらかじめ裾割り(すそわり)をしておくようにしましょう。やり方は、着付けが終わったら、足を肩幅に開いて2~3回ほど軽くスクワットしておくのです。こうすると、裾が左右に開くので裾まわりのきつさがなくなるはずです。スクワット後に全体を整えるのを忘れないようにしましょう。たったこれだけで裾が開きやすくなるので、歩くのが楽になる上に着崩れまで防止できます。

イベント・レジャー・旅行カテゴリの最新記事